バナー

iPhoneXの特徴について

iPhoneXは世界的なパソコンメーカーであるアップルがリリースしたスマートフォンです。


iPhoneXには様々な特徴がありますが、一番の特徴はアプリの数がAndroidケータイと比べて充実している事です。

毎日最新のアプリがリリースされています。


しかもAndroidケータイよりもウイルス対策がしっかりとしているため、ウイルスに感染することはまずありません。

iPhoneXは購入時に本体だけでなく充電器・充電用ケーブル・イヤホンが付いています。どの商品も質が高いですが、特にイヤホンは誰の耳にでも装着できるようになっています。
音質もクリアで、電気屋で販売されているイヤホンと引けを取らない品質です。

iPhoneXが使用しているOSはIOSで、こちらも様々な機能が付いています。



iPhoneXの操作ガイドがあったり、手や耳に障害がある場合でも使用できるように工夫されています。


操作方法もガラパゴス携帯やAndroidケータイに比べると簡単です。
各種設定も説明書なしでできるくらい簡単です。
操作性も素晴らしく、指一つで全ての操作が可能です。

保証も充実しています。

ケータイキャリア経由で保険料を支払えばアップルの保証を受ける事ができます。保証の内容ですが、本体の故障はもちろん付属品の故障にも対応しています。

こちらの付属品はケータイキャリアのポイントで購入する事が可能となっています。


その際の送料は無料の場合があります。iPhoneXを活用している人に人気の機能と言えば、カメラ機能です。

海外から入ってきた自撮り文化が日本でも浸透しましたから、SNSで自分の写真をアップロードして同じユーザー同士でシェアしたり、よりきれいに自撮りを取る為のスティックなどがヒットしました。
さらにiPhoneXに装着することで、自撮り写真をよりきれいに撮る事が出来るライトも登場しています。

リングライトになっており、クリップ形式で簡単にiPhoneX本体にはめることができますから、機械操作が苦手な人でも活用することができます。
ライトがないので、薄暗いところで撮影をしようとすると、仕上がりが暗くて顔が見えにくいという現象が解決しますし、自撮りスティックも不要になりますから、観光地や公共の場で周りの人の迷惑を考えないで済みます。

このライトを使って撮影すると、使わない場合よりも写真写りがきれいになるのです。

異なるカラーのフィルターが同梱されているものもあり、それぞれのフィルターを使うことで美肌処理を加えることが可能です。

リングライトのすごいところは、瞳の中にキラキラと光が輝くアイキャッチを演出することもできる点です。


プリントシールの機械で撮影する時のように、自分の欠点をカバーしつつ、よりかわいくなれますから、SNSなどで自撮りをたくさんアップしたいという人は持っておくと、表現の幅が拡大するので、他のユーザーに差をつけられることでしょう。
iPhoneXは多少水滴が着く程度であれば問題ありませんが、正式に防水機能が搭載されているわけでは無いため、海や川、お風呂場等での使用は厳禁です。



多少の密閉性はあるため、短時間であれば浸水に耐えられることもありますが、長く浸すほどに故障の原因となってしまいます。
水場でiPhoneXを使用するには、防水ケースと組み合わせる方法があります。

防水ケースには雨や水滴を防ぐ程度のものから、完全に浸水しても問題ないものまで様々な種類が販売されているため、用途に応じて選択することができます。

商品を選択する目安として、電気機械器具に設定されている防水や防塵に関する保護等級があります。

保護等級は、特に保護されていない無保護のものが0級とされています。

以降1級が鉛直方向から落下する水滴に対して耐性がある防滴形、最も防水機能が優れている8級は、水没し続けても器具の内部まで浸水しないもので、水中形と呼ばれています。
販売されている防水ケースには保護等級が記載されているため、目的に合ったものを容易に見つけることができます。例えば海やプールでiPhoneXを使用する場合は、8級の水中形か7級の防浸形を選択します。
お風呂場で電子書籍を読む程度であれば、万が一を考慮し7級以上か、もしくはビニール製のフリーザー用真空パックを代用することも可能です。

フリーザー用真空パックは100円ショップでも購入できますが、iPhoneXを入れたうえで念のため口の部分をテープなどでしっかりと止めると安心です。
iPhoneXは専用のケーブルが用意され、PCとの接続や充電に利用されます。

iPhoneXはMacやPCと接続することでバックアップを取ることができ、また、itunesを利用して音楽ファイルのやり取りが可能です。
特にitunesについてはアプリをPCとやマックでダウンロードしてiPhoneXにアップロードすることができるので重宝されることが多いです。

このような接続するPCやMacは母艦という呼ばれ方をすることも多いです。


母艦を利用すると他にも不具合があるiPhoneXを初期化することができます。
本体でも初期化することができるのですが、動作がおかしい場合は母艦を利用することで強制的なバックアップが可能です。

母艦を利用したバックアップはiPhoneX本体で行うバックアップと違い、ローカルPCやMacにファイルを保管できるので容量が多い場合でも安心です。

iphoneXに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

母艦を利用しないバックアップはicloudと呼ばれるアップルのクラウド環境に保管されるのですが、無料枠は5GBしかないのでバックアップができない場合もあります。

また、ネットワークを使ったバックアップなので時間がかかるのがネックです。

そのため、母艦でのバックアップが重要になってきます。

母艦との接続はライトニングケーブルを利用することになりますが、アップルの専用ケーブルですが、サードパーティ製のケーブルも多数販売されています。

ただし、MFI認証が取れていないケーブルは利用にあたって不具合がでる場合もあります。